下水管のつまりの原因

下水管のつまりの原因

下水管のつまりの原因 下水がつまりを起こすと、生活に直結しているだけに大変困ってしまいます。
下水といっても、台所、お風呂、トイレ、洗面所などがあり、それぞれつまりを起こす原因は異なっています。

台所の場合は、食品の食べかすや野菜くず、調理などから出た油汚れが排水管で固まってしまい、水が流れにくくなってしまいます。排水溝にかぶせる排水ネットなどを使うことで、これらのものが流れていくのを防ぐことができます。

お風呂の場合は、髪の毛やせっけんかすなどが原因となって詰まることが多いです。排水トラップをこまめに掃除して、髪の毛を排水管に流してしまわないようにすることがコツとなります。

トイレの場合は、トイレットペーパーを大量に使ったりすると、排水管の中で詰まってしまいます。
一度に大量に使用しないように気を付けることで、詰まるのを防ぐことができます。

洗面所は、お風呂と同様に、髪の毛や石鹸かすなどが固まりとなって排水管を塞いでしまうことがあるため、こまめな掃除がおすすめです。

下水のつまりで起こり得る事

下水のつまりで起こり得る事 下水がつまってしまって水が流れなくなってしまったという人は意外に多いのではないでしょうか。
下水のつまりによって起こり得ることには、台所の水が流れなくなってしまったというのが家庭では最も多い事例です。

台所のトラップますの掃除をつい怠っているとごみや油類がたまって水が流れなくなってしまいます。
こまめに掃除することがつまりを避ける最も簡単な方法です。

他にも水洗便所でトイレットペーパーを大量に流してしまったり、異物を間違って流した場合にもつまってしまいます。
水が溢れてトイレが水浸しになってしまうことすら起こり得ることになります。
この場合にはホームセンターに売っているラバーカップを使うと早くつまりを治すことができます。

お風呂も、髪の毛の掃除を怠るとつまることが多くこの場合もトイレ同様に、水浸しでお風呂が使えないということすら起こり得ることになります。

どのような場所も日ごろからのこまめに掃除することが大切です。