下水のつまりでトラブルにならないために

シンクから下水のつまりを自力で直す

シンクから自力で直す 日本は下水設備の整備により、衛生的に生活することができ、ハエなども昔と比べて随分と減りました。下水管を通った排水は処理施設や浄化槽などで浄化され、川や海に流れていきます。基本的に液体が流れる配管ですが、異物の流入により詰まることもあります。ここでは、シンクから下水のつまりを自力で直す方法をご紹介したいと思います。
シンクは調理のための洗い物をする場所です。シンクの配管が詰まる原因としては、固まった油の付着、野菜くずや食べ残しの流入などが多いです。シンクの排水口には、嫌なニオイや害虫が室内に入ってこないよう水を溜めてフタにするトラップと言う部分があります。この部分に流入した異物が溜まり詰まりの原因となっていることが多いので、外して掃除をしましょう。
多く使われているトラップの種類としては、わんトラップがあります。これはお椀のような形の部品が排水管に被さっているので、反時計回りにひねってみると取れます。その奥で詰まっている場合は、針金などで見える範囲を突いてみることで貫通する場合もありますが、配管内をキズづけることがあるので無理は禁物です。

下水のつまりを直す「ラバーカップ」の役割

下水のつまりを直す「ラバーカップ」の役割 トイレットペーパーと同じくトイレには必ず置いてある道具のすっぽん。正式名称「ラバーカップ」の役割は、下水のつまりを直す役割を持った道具です。つまりが生じてトイレの下水が流れなくなってしまったときに使用します。
仕組みは、ラバーカップを下水口に合わせてぴったりと吸いつけることで真空状態を作り出し、そのカップを引き上げることで水と詰まりの原因物などが一緒にカップの方に吸い寄せられて動くので、つまりが直るといった仕組みになります。
使用する際のコツは、カップを装着したときに力強く押し引きをせず、ゆっくりと押し込んでゆっくりとカップを引き上げることが使用する際のコツだそうです。もう一つのコツは、ある程度便器に水を溜めておくことです。溜めてある状態でカップを使用すると水に水圧がかかって、カップがさらに効力を発揮できるのだそうです。
現在ではどのタイプの便器や下水口にも対応できるように、様々な種類のラバーカップが販売されています。