下水のつまりでトラブルにならないために

下水の配管のつまりの原因と対策

下水の配管のつまりの原因と対策 下水はめったにつまらないよう設計施工されているものですが、それでも配管につまりが生じ、水の流れが悪くなり、放置しておくと本当に詰まってしまい、それから慌てて修理になると、大げさな対応を迫られますし、お金も馬鹿にできないほどになってしまいます。
だから、下水の詰まりに関しては原因となるものをある程度承知しておき、日頃定期的に点検することが一番の対策になります。厄介なのは、戸建てで浄化槽があるというようなケースで、浄化槽の手前でつまりが生じた場合です。
これはトイレットペーパーの一部や汚物の一部が少しづつ堆積し、ついに水を止めるということが原因です。下水には、点検用の槽があるので、ここの蓋を開け、水が溜まっていれば間違いなく確認できます。この場合、トイレで水を流すときに不自然な流れとなるので、それがサインとなります。
槽から浄化槽側に向かって水道水からの水を勢いよく20~30分流し込めば、貫通することがあります。だめなら、高圧洗浄機を使うことになります。槽を定期的に覗いてみるのが最も簡便な対策になります。

下水のつまりを高圧洗浄機を使って直す方法

下水のつまりを高圧洗浄機を使って直す方法 家庭内での水回りのトラブルの一つに、下水のつまりということがあります。水回りの場合、お風呂、洗面所、キッチンは、大き目なゴミが一緒に流れてしまうこともありますが、水流が豊富であるため、大概は下水がつまるということはありません。
問題はトイレです。ペーパーを大量に使った場合や汚物を流しきれていなかった場合に起こります。初期のトラブルは、ホームセンターなどで売っているラバーカップで治すことができますが、頑固な場合ではそれでは解決できません。家庭で何とかしようという場合は、勢いよく水を便器に流し込むことを繰り返す方法もあります。注意点としては、一回の量を便器から溢れるほどにはしないことです。
首尾よく貫通することもあるので、一度は試してみる価値がありますが、それでもだめであれば高圧洗浄機を使うことになります。
この場合は、素人でも高圧洗浄機を使った経験があり、注意事項が分かっていればいいのですが、そうでなければ専門家にお願いするのが無難です。他に悪い影響を与えてしまうと、もっと厄介なことになるからです。